さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> 公衆衛生トピックス(生育限界出生児の生存率の経時変化、軟性S状結腸鏡健診と大腸がん死亡 他)
閲覧回数

公衆衛生トピックス(生育限界出生児の生存率の経時変化、軟性S状結腸鏡健診と大腸がん死亡 他)

7 感染症 1 教育教材 2017.05.09

2月16日 生育限界出生児の生存と神経発達結果 (ニューイングランド医学雑誌)
継時的に児の基準時特性における変化で調整後、(死亡と比べて)神経発達障害のある生存率(調整相対リスク1.27、95%信頼区間1.01-1.59)と、(死亡と比べて)神経発達障害のない生存率(調整相対リスク1.59、95%信頼区間1.28-1.99)の両方が、経時的に増加した。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1605566

2月21日 1回のみの軟性S状結腸鏡健診の17年間追跡後の長期効果 (ランセット誌)
ITT(治療企図)解析では、大腸がんり患率は対照群に対して介入群では26%減少し(ハザード比0.74、95%信頼区間0.70-0.80)、大腸がん死亡率は対照群に対して介入群では30%減少した(ハザード比0.70、95%信頼区間0.62-0.79)。
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)30396-3/abstract

4月20日 先天性ジカ症候群と推定される子供における心臓超音波所見 (プロス・ワン誌)
103例の心臓超音波検査中15例は、先天性心疾患に相当していた。5例は心房中隔欠損、8例は血行動態上重要でない小さな心尖部筋性心室中隔欠損であり、呼吸困難のある1例は大きな膜様部心室中核欠損であった。
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0175065

4月21日 世界肝炎報告 (WHO)
ウイルス肝炎は2015年に134万人の死亡を引き起こしたが、この数は結核により引き起こされた死亡に相当し、HIVにより引き起こされた死亡より多い。
世界で2015年に2億5700万人の人が慢性にB型肝炎ウイルスに感染しながら生活し、7100万人の人が慢性にC型肝炎ウイルスに感染しながら生活している。
http://www.who.int/hepatitis/publications/global-hepatitis-report2017/en/

麻しん(はしか)患者の発生について 
新潟市 http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/333/59/0428mashinhoudohappyou,0.pdf
イオンモール新潟南 江南区 4月 21 日(金) 終日4月 22 日(土) 終日4月 23 日(日) 終日
新潟西郵便局 西区 4月 25 日(火) 午後 ウエルシア新潟寺尾店 西区 4月 25 日(火) 午後 ビデオ 1 近江店 中央区 4月 25 日(火) 夕方〜深夜 0 時頃

熊本県 http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=19541&sub_id=1&flid=104401
4 月 23 日(日)1:30 発 5:25 着 Philippine Airlines PR538 (インドネシア空港〜マニラ空港) 9:45 発 14:30 着 Philippine Airlines PR426 (マニラ空港〜福岡空港)
新幹線(博多駅〜新八代駅) 16:15 発 17:05 着 さくら 415 号

緒方剛




公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F