さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2018年4月13日発刊)
閲覧回数

MMWR(2018年4月13日発刊)

7 感染症 5 トピックス 2018.04.17

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告致します。

MMWR:April 13, 2018 / vol. 67 / No. 14

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

********************************************************************************
1.産業・職業ごとの現在のマリファナ使用状況(米国コロラド州;2014-2015年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6714a1.htm?s_cid=mm6714a1_w
米国コロラド州の労働者の14.6%が過去30日以内にマリファナを使用していました。
宿泊・飲食業に従事する労働者では30.1%、飲食サービス業では32.2%でした。

2.ポリオ撲滅に向けた進捗状況のサーベイランス(全世界;2016-2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6714a3.htm?s_cid=mm6714a3_e
2017年は22例の野生株ポリオ感染がアフガニスタンとパキスタンから報告されました。
一方、シリアとコンゴで大規模なアウトブレイクがあったため、
経口ワクチンの循環によるポリオ感染は、2016年は4件でしたが2017年は96件と増加しています。

3.米国での人種・民族別の年齢調整自殺率(米国;2015-2016年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6714a6.htm?s_cid=mm6714a6_w
2015年から2016年にかけて米国での年齢調整自殺率は人口10万人あたり
13.3人から13.5人に増加しました。2015年、2016年ともに白人の自殺率は、
黒人の約3倍、ヒスパニックの2.5倍でした。

(今週の感想)
日本にしか住んだことのない私としては、
労働者の約15%がマリファナを使用しているという事実は衝撃的でした。
最近、喫煙問題で欧米から批判されることの多い日本ですが、マリファナはよいのでしょうか。

********************************************************************************
【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F