さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> 米国における最近の自殺事情(CDC Vital Signsより)
閲覧回数

米国における最近の自殺事情(CDC Vital Signsより)

18 統計(人口・保健・医療・福祉・社会・経済) 21 精神保健 3 調査・統計資料 2018.06.09

1999年から2016年までの自殺統計によると、ほとんどの州で増えていること、自殺者の半数以上はメンタルヘルスと無関係であることなどが明らかに。
Suicide is a leading cause of death in the US. Suicide rates increased in nearly every state from 1999 through 2016. Mental health conditions are often seen as the cause of suicide, but suicide is rarely caused by any single factor. In fact, many people who die by suicide are not known to have a diagnosed mental health condition at the time of death.
https://www.cdc.gov/vitalsigns/

(公社) 地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター
公衆衛生ねっと (柳川洋)





公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F