さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> WHO NEWS: WHO study shows drug could save thousands of women’s lives
閲覧回数

WHO NEWS: WHO study shows drug could save thousands of women’s lives

12 母子・思春期・学校保健 7 研究推進 2018.06.28

WHO study shows drug could save thousands of women’s lives
http://www.who.int/news-room/detail/27-06-2018-who-study-shows-drug-could-save-thousands-of-women%E2%80%99s-lives

分娩後の母体の出血管理にオキシトシンが使われてきましたが、オキシトシンは2−8度で管理する必要があり、国・地域によっては管理が困難で、使用時には効果が死活していることもありました。
今回の研究でcarbetocinが扱いやすく有効であることが分かりました。(冷蔵は不要で、気温30度、ある程度の湿度で3年間保存可能)
分娩に伴う女性の死亡を世界で防ぐことが期待できます。

研究論文は下記から読めます。
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1805489

杉浦寛奈


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F