さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2018年9月7日発刊)
閲覧回数

MMWR(2018年9月7日発刊)

7 感染症 5 トピックス 2018.09.11

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告致します。

MMWR:September 7, 2018 / vol.67 / No.35

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

****************************************

1.米国でのジカウイルス対策の計画と準備(米国;2016年6月〜2017年7月)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6735a2.htm?s_cid=mm6735a2_w
 米国では53の管轄区域でジカウイルス対策の計画と活動は2016年6月から2017年7月にかけて増加していました。最も増加していたのは、地域社会の教育、妊婦へのアプローチ、安全な輸血の確保でした。

2.ポリオウイルス抑制に向けての進捗(全世界;2017年〜2018年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6735a5.htm?s_cid=mm6735a5_w
 2015年に野生の2型ポリオウイルスは根絶されました。再興のリスクを最小限にするために、残されたポリオウイルスは確実に管理されなければなりません。現在、29の国がワクチンの製造、研究などの目的のために81の施設で2型ポリオウイルスを保存しています。

3.心血管疾患リスク因子の保有率(米国;2011年〜2016年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6735a4.htm?s_cid=mm6735a4_w
 2011年〜2012年と比較して2015年〜2016年では喫煙、運動不足は明らかに減少しました。しかし心血管疾患を予防するためのアスピリンの内服も減少しました。

(今週の感想)
 多くの研究者が世界中で研究を進めたからこそポリオウイルスは根絶されたのだと思います。それが一転して再興のリスクとして扱われるようになるとは、当然のこととは言えなんとも考えさせられる話です。

****************************************
【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL 0285-58-7338
FAX 0285-44-7217
e-mail k.kosami@jichi.ac.jp
**************************************


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F