さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> アルコールの健康影響に間する論文 Lancet. 2018 Aug 23.
閲覧回数

アルコールの健康影響に間する論文 Lancet. 2018 Aug 23.

6 がん 15 たばこ・アルコール・薬物中毒 5 トピックス 2018.09.13

米国ワシントン大学のM. G. Griswoldらの報告によると、飲酒の健康影響に関する論文のシステマチックレビューおよびメタ解析から、総死亡(特にがん死亡)のリスクのレベルは飲酒量が多いほど増加し、最もリスクの少ないレベルは、飲酒量ゼロであることを示している。
(適量の飲酒は健康リスクを下げるという考え方を見直す必要があるか?)
 Alcohol use is a leading risk factor for global disease burden and causes substantial health loss. We found that the risk of all-cause mortality, and of cancers specifically, rises with increasing levels of consumption, and the level of consumption that minimizes health loss is zero. These results suggest that alcohol control policies might need to be revised worldwide, refocusing on efforts to lower overall population-level consumption.
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(18)31310-2/fulltext


(公社) 地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター
公衆衛生ねっと (柳川洋)





公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F