さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2018年10月19日発刊)
閲覧回数

MMWR(2018年10月19日発刊)

7 感染症 5 トピックス 2018.10.23

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告いたします。

MMWR:October 19, 2018 / vol.67 / No.41

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

****************************************

1.人種・民族ごとのHIV暴露前予防投薬の処方状況(米国;2014年〜2016年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6741a3.htm?s_cid=mm6741a3_w
 2016年、米国でHIV暴露前予防投薬を受けた78,360人の内、女性はわずか4.7%でした。その内、白人が68.7%、黒人が11.2%、ヒスパニックが13.1%、アジア人が4.5%でした。

2.騒々しいイベントにおける個人用騒音防止器具の使用(米国;2018年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6741a4.htm?s_cid=mm6741a4_w
 米国の成人では約8%が騒々しいスポーツやエンターテイメントのイベントで騒音防止器具を使用していました。聴覚障害がある、聴覚障害のある家族がいる、大学教育を受けた人はより騒音防止器具を使用する傾向がありました。

3.過去12ヶ月で体重減量を試みたことがある20歳以上の成人の性別年齢調整割合(米国;2007年・2008年〜2015年・2016年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6741a10.htm?s_cid=mm6741a10_w
 2007年・2008年から2015年・2016年にかけて、過去12ヶ月に体重減量を試みた者の割合は43.3%から49.3%に増えました。男性では35.5%から42.2%、女性では51.2%から56.3%でした。

(今週の感想)
 私も今年度になってから4回ほど体重減量を試みています。試みるのは簡単なのですが、継続して成果を出すのは大変です。是非、継続できた人の割合も調査してみてほしいものです。

****************************************
【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門

**************************************


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F