さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2018年10月26日発刊)
閲覧回数

MMWR(2018年10月26日発刊)

7 感染症 5 トピックス 2018.10.30

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告いたします。

MMWR:October 26, 2018 / vol.67 / No.42

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

****************************************

1.狂犬病に感染した野良猫の狂犬病がない地域への移動(米国オハイオ州;2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6742a2.htm?s_cid=mm6742a2_w#F1_down
 ある狂犬病ウイルスに感染した野良猫がペットとして連れられて、8つの州を移動しました。その内の3つの州は狂犬病のない地域でした。

2.インフルエンザの活動性(米国、全世界;2018年5月〜10月)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6742a3.htm?s_cid=mm6742a3_w
 報告された南半球でのインフルエンザの活動性は比較的低く、軽度でした。ほとんどの地域ではインフルエンザAが主でした。

3.ワクチン接種率が高い地域での麻疹の発生(イスラエル;2017年7月〜8月)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm6742a4.htm?s_cid=mm6742a4_w
 2017年7月から8月にかけて、ワクチンを接種したイスラエル兵から9人の麻疹患者が発生しました。最初の症例は当時麻疹が流行していたヨーロッパに旅行していました。

(今週の感想)
 多くの感染症は、ある地域に集積したり、流行する季節があったりするものだと思います。真夏に発熱患者が受診してもインフルエンザを疑うことはないでしょうし、典型的な症状でも狂犬病は鑑別には挙げないでしょう。しかしグローバル化がどんどん進む現代ではその認識は改めないといけないのかもしれません。

****************************************
【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門
**************************************


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F