さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> 米国における喫煙関連がんのサーベイランス成績 2010-14(MMWR Vol.67 SS No.12より)
閲覧回数

米国における喫煙関連がんのサーベイランス成績 2010-14(MMWR Vol.67 SS No.12より)

6 がん 15 たばこ・アルコール・薬物中毒 18 統計(人口・保健・医療・福祉・社会・経済) 3 調査・統計資料 2018.11.02

 米国におけるたばこ関連がんの罹患率を、性、年齢、がんの部位、人種、地域別に見たもので、喫煙防止とその対策の実施状況を評価する重要な統計資料です。
Tobacco use is the leading preventable cause of cancer, contributing to at least 12 types of cancer. During 2010–2014, approximately 3.3 million new tobacco-associated cancer cases were in the United States, approximately 667,000 per year.
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/ss/ss6712a1.htm?s_cid=ss6712a1_e


(公社) 地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター
公衆衛生ねっと (柳川洋)




公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F