さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2019年1月4日発刊)
閲覧回数

MMWR(2019年1月4日発刊)

7 感染症 5 トピックス 2019.01.07

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告いたします。

MMWR:January 4, 2018 / vol.67 / No.51&52

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

****************************************

1. ヒトの狂犬病(米国バージニア州;2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm675152a2.htm?s_cid=mm675152a2_w
 インド滞在中に犬にかまれた米国人が帰国後狂犬病を発症し、死亡しました。
72人の医療従事者が感染源に暴露され、対処に約235,000ドルのコストがかかりました。

2. 薬物・オピオイドの過量投与による死亡(米国;2013年〜2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm675152e1.htm?s_cid=mm675152e1_w
 2017年、薬物の過量投与で70,237人が死亡しましたが、その内67.8%がオピオイドに関連する死亡でした。
2013年から2017年にかけて、合成オピオイドがオピオイド関連死の増加に寄与しました。

3. 【速報】米国におけるHIV検査を受けたことがある成人の年齢調整割合(米国;2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/67/wr/mm675152a6.htm?s_cid=mm675152a6_w
 2017年、18歳以上の成人の41.7%がHIV検査を受けたことがあると回答しました。
割合は北東部(43.5%)、南部(43.5%)、西部(43.4%)よりも中西部(35.5%)で低いという結果でした。

(今週の感想)
 公衆衛生ねっとの皆さま、あけましておめでとうございます。
2019年も引き続き私がMMWRハイライト配信を担当させていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

****************************************
【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門
**************************************


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F