さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2019年1月25日発刊)
閲覧回数

MMWR(2019年1月25日発刊)

6 がん 5 トピックス 2019.01.30

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告いたします。

MMWR:January 25, 2019 / vol.68 / No.3

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2018.html

****************************************

1.高校生におけるトランスジェンダーと暴力被害の経験、薬物乱用、自殺リスク、リスクのある性的行動の関係(米国;2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6803a3.htm?s_cid=mm6803a3_w
 10の州と9カ所の都市部の学区で行われた調査によると、高校生の1.8%がトランスジェンダーでした。
トランスジェンダーの学生はより暴力の被害に遭いやすく、薬物乱用が多く、自殺リスクが高いという結果でした。 

2.南スーダンの若年男性における壊血病の集団発生(ケニア;2017年〜2018年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6803a4.htm?s_cid=mm6803a4_w
 南スーダン難民の若年男性において壊血病の集団発生がありました。
彼らは食品購入用の電子マネーを供給されていましたが、ビタミンCの豊富な食品よりも、
カロリーの高いシリアルや肉をより多く購入していました。
 
3.【速報】乳癌に罹患したことがある50〜74歳の米国女性の割合(米国;2015年〜2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6803a6.htm?s_cid=mm6803a6_w
 2015年から2017年の間、50〜74歳の米国女性の5.3%が乳癌に罹患したことがあると答えました。
白人女性(6.1%)はヒスパニック女性(3.2%)や黒人女性(3.6%)と比較してより高いという結果でした。
 

(今週の感想)
 アフリカの難民キャンプと日本では背景に大きな違いがありますが、野菜や果物の摂取が極端に不足して壊血病を発症するというのは日本でもありそうな話です。
しかし私は壊血病を診療した経験がありません。鑑別診断に挙げることができるか疑問です。

****************************************

【参考情報】
★CDCホームページ: www.cdc.gov/mmwr
★バックナンバー(過去版): http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

--
**************************************
小佐見 光樹(こさみ こうき)

自治医科大学
地域医療学センター 公衆衛生学部門

**************************************


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F