さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWR(2019年4月12日)
閲覧回数

MMWR(2019年4月12日)

7 感染症 1 教育教材 2019.04.15

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告申し上げます。

MMWR:April 12, 2019 / No. 14

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2019.html

**************************************
*****

1. 米国7都市の4歳児における自閉症スペクトラム障害の有病率とその属性 (米国;2010、2012、2014年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/ss/ss6802a1.htms_cid=ss6802a1_e
4歳児における自閉症スペクトラム障害の有病率(人口1000人当たり、診断基準:DSM-W-TR)は、2010年:13.4、2012年:15.3、2014年:17.0であった。
有病率はミズーリで最も低く、ニュージャージーで最も高かった。また、女性よりも男性で高かった。
また、診断基準では、DSM-5による定義よりもDSM-W-TRによる定義の方が、有病率が20%高かった。

2. 米国5都市の男性同士で性交する者(MSM)における性器外クラミジアと淋病(米国;2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6814a1.htm?s_cid=mm6814a1_eMSMのうち約8分の1がクラミジア感染症または淋菌感染症であった。
直腸淋病の有病率は、HIVに感染していないMSMよりもHIVに感染したMSMで高かった。

(今週の感想)
小生はもともと精神科医ですので、診断基準の違いによる有病率の変化は気になるところです。
発達障害に関して、過剰診断の誹りを受ける可能性もあります。
慣れ親しんだICD-10から、近いうちにICD-11に切り替えていかないといけないのも、頭が痛い問題です。

**************************************
*****

CDCホームページ:https://www.cdc.gov/
バックナンバー:http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

**************************************
*****

岩手医科大学 衛生学公衆衛生学講座
田鎖 愛理
--------------------------------------------------------------------------

田鎖 愛理(Eri TAKUSARI) <ertakus@ae.auone-net.jp>
<ertakus@iwate-med.ac.jp>


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F