さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> MMWRのハイライト(2019年5月3日、10日)
閲覧回数

MMWRのハイライト(2019年5月3日、10日)

7 感染症 5 トピックス 2019.05.10

CDC発刊のMMWRのハイライトをご報告申し上げます。
2週分まとめて配信させていただきます。

MMWR:May 3, 2019 / No. 17

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2019.html

*******************************************

1. コカインおよび精神刺激薬を含む薬物乱用の可能性のある者の大量服薬死(米国、2003〜2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6817a3.htm?s_cid=mm6817a3_w
2016〜2017年にかけて、コカインと精神刺激薬を含む死亡率は、年齢、人種/民族、都市化レベル、および州を問わず増加した。
オピオイドの有無に関わらず、コカインおよび精神刺激薬を含む死亡率は増加していた。
合成オピオイドはコカイン関連の死亡率増加の主な要因であるとみられ、直近データでは精神刺激薬関連の死亡における合成オピオイドの関与の増加が示唆された。

2. 麻疹撲滅に向けた過程(ヨーロッパ、2009〜2018年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6817a4.htm?s_cid=mm6817a4_w
2017年末までに、37カ国(70%)のユーロ圏で36ヶ月以上にわたり麻疹の伝播が遮断され、麻疹が排除状態であったことが確認された。
しかし、2017年〜2018年の間に、ウクライナ、セルビア、および撲滅を達成したいくつかの国で大規模に流行し、ヨーロッパで麻疹が再発することとなった。

3. 麻疹症例の増加(米国、2019年1月1日〜4月26日)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6817e1.htm?s_cid=mm6817e1_w
2019年1月1日〜4月26日の間に、合計704症例が報告され、1994年以来最大の症例数となった。
緊密なコミュニティにおけるアウトブレイクは、全症例の88%を占めた。
直接輸入された44症例のうち、34例が米国居住者で海外旅行をしており、その殆どは予防接種を受けていなかった。

*******************************************

MMWR:May 10, 2019 / No. 18

URL:https://www.cdc.gov/mmwr/index2019.html

*******************************************

1. A型肝炎ウイルス感染の増加(米国、2013〜2018年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6818a2.htm?s_cid=mm6818a2_w
2016〜2018年の間に、米国でのA型肝炎ウイルス感染の報告は、2013〜2015年と比較して294%増加した。
この増加は、食品汚染に伴うアウトブレイク、男性同士の性行為、そして主に薬物乱用やホームレスと関連していた。

2. 黒人女性と白人女性におけるHIV感染罹患の格差(米国、2010〜2016年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6818a3.htm?s_cid=mm6818a3_w
人口寄与分析によると、2016年に黒人女性と白人女性の罹患率が同じであれば、黒人女性の4200人中3900人(93%)のHIV感染が発生しなかったであろうと推定された。

3. 【重要】米国の妊娠関連死(2011〜2015年)およびその予防戦略(13州:2013〜2017年)
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6818e1.htm?s_cid=mm6818e1_w
時期がわかっている妊娠関連死亡の内訳は、妊娠中が31.3%、分娩日が16.9%、分娩後1〜6日が18.6%、分娩後7〜42日が21.4%、43日〜1年が11.7%であった。
主要な死因は周産期の時期によって異なり、妊娠関連死亡の5人中3人が予防可能であった。
寄与要因は、地域社会、医療施設、患者、医療提供者、およびシステムの各レベルで分類しうる。

*******************************************

(感想)
4月末より、MMWRの速報が毎週水曜日にメールで配信されるようになりました。
初めての速報記事は、皮疹の画像とともにセンセーショナルに入ってきました。
近年、日本でも麻疹や風疹が増加傾向です。感染症は油断禁物ですね。

*******************************************

CDCホームページ:https://www.cdc.gov/
バックナンバー:http://www.cdc.gov/mmwr/mmwr_wk/wk_pvol.html

*******************************************

岩手医科大学 衛生学公衆衛生学講座
田鎖 愛理


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F