さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> 韓国における円形脱毛症の追跡調査の論文を読んで
閲覧回数

韓国における円形脱毛症の追跡調査の論文を読んで

16 国際保健医療 3 調査・統計資料 2019.06.04

昨日 下記の論文の存在を知って読みました。
All-Cause and Cause-Specific Mortality Risks Associated With Alopecia Areata
A Korean Nationwide Population-Based Study
JAMA Dermatol. Published online May 29, 2019. doi:10.1001/jamadermatol.2019.0629
https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/article-abstract/2734014

このの追跡調査の調査方法に改めて驚きました。
韓国では、健康保険が一本化され、ユニークな個人同定番号があるので、医療や検診のデータベースを作ることは簡単で、しかも死亡情報とリンケイジすることも可能だと想像はしておりましたが、実際にこのような仕組みを活用しての調査結果をみると、
日本版National Death Indexの創設の必要性が語られてすでに久しいのにいまだ実現できず、
英国や米国に学ばないまま遂には韓国にも追い抜かれてしまってこの国はどうなるのだろうか、
ようやくする少しは動きはあるものの、関係者は一体全体どうするつもりなのだろうかと暗澹たる気持ちになりました。

参考
「医療・介護データ等の解析基盤に関する有識者会議」報告書
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148301_00002.html
健康保険法等の一部を改正する法律案の概要
https://www.mhlw.go.jp/content/12301000/000485930.pdf

大島 明
大阪国際がんセンターがん対策センター特別研究員


公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F