さまざまな分野の公衆衛生専門家の集まる情報ネットワーク

トップ >> 公衆衛生関連のNEWSの検索 >> 米国における死因順位2017
閲覧回数

米国における死因順位2017

16 国際保健医療 18 統計(人口・保健・医療・福祉・社会・経済) 3 調査・統計資料 2019.07.06

(National Center for Health Statistics’annual report on final mortality statistics)
https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr68/nvsr68_06-508.pdf?deliveryName=USCDC_371-DM3215

米国の死因順位は、日本とやや異なり、1位心疾患、2位悪性新生物、3位事故・・
詳細は下記。
Diseases of heart ( 23.0%), Malignant neoplasms (21.3), Accidents (unintentional injuries) (6.0), Chronic lower respiratory diseases (5.7), Cerebrovascular diseases (5.2), Alzheimer disease (4.3), Diabetes mellitus (3.0), Influenza and pneumonia ( 2.0), Nephritis, nephrotic syndrome and nephrosis (1.8), Intentional self-harm (suicide) (1.7)


公衆衛生ねっと (柳川洋)



公衆衛生関連のNEWSの検索へ戻る

公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
TEL.03-5212-9152/FAX.03-5211-0515

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3都道府県会館15F