ギャンブルについて

中尾敏之

日本では国営ギャンブル以外は法的に禁止しています。しかし実際は色々な事情で国営以外にも様々なギャンブルがプレイできます。

この記事では、日本国内でプレイ可能なギャンブルについて説明します。

国営ギャンブル
日本で国が許可しているギャンブルは、競馬・競輪・競艇・オートレースです。

最も認知度と人気が高いのは競馬で、それを題材にした「ウマ娘」などのゲームアプリも有名ですね。

国としても最も力を入れているギャンブルで、過去には「ストリートファイター」「北斗の拳」などのコラボもしていました。

逆に最も認知度が低いのはオートレースではないでしょうか。オートレースは、バイクレースでの先着順を予想します。

やっている地域は少なく開催頻度も少ないため、「将来的に消えるギャンブル」との声もあります。

他の競技よりメンタル面の強さが重要で、選手年齢が高いのが特徴です。

パチンコ・パチスロ
国営ギャンブル以外で最も遊戯人口が多いギャンブルです。恐らく日本で知らない人は居ないでしょう。

年々遊戯人口は少なくなっていますが、それでも約1,000万人居ると推測されています。

パチンコはハンドルを捻って球を射出し、スタートチャッカ―に入れて「当たり」を抽選するゲームです。

大当たりの出玉などには厳しい規制がありますが、少しずつ緩和されている傾向があります。

パチスロは図柄を回して大当たりを抽選するゲームです。こちらはパチンコとは逆に規制を強められている傾向があります。

宝くじ
最も認知度の高い国営ギャンブルです。「宝くじ売り場」があまりにも色々な場所に馴染んでいるため、ギャンブルという意識は薄いかもしれません。

ギャンブルとしての還元率は40%前後とかなり低いですが、売り上げの一部を公共事業にあてているため国への投資として購入している人もいるようです。

因みに法律的には未成年でも購入可能です。

オンラインカジノ
名前の通り、オンライン上で出来るギャンブルです。運営が海外にあるため、日本の法律の外となります。

国営ギャンブルではありませんが、現状では「違法ではない」という解釈です。

オンラインカジノでは「スロット」「テーブルゲーム」などがプレイ可能です。
特にスロットの「ジャックポット」に当選すると、文字通り億万長者になれるチャンスがあります。

バイナリーオプション
為替相場の上下を予測するギャンブルです。元々はFX内でのミニゲームのような扱いでしたが、あまりに人気があるため独立して1つのギャンブルとなりました。

日本でも合法的に遊べるギャンブルですが、海外のバイナリーオプションより規制が多いです。