ギャンブル依存症の名称

中尾敏之

「ギャンブル依存症」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。

しかし厳密にいうと日本では、この名称は適切ではありません。

理由は下記にて供述しております。

日本では国営ギャンブルに三競(競馬・競輪・競艇)、そしてオートレースと宝くじがあります。

オンラインカジノは特殊なので省くとして、日本でプレイできるギャンブルは以上です。

…パチンコ・パチスロが抜けている?いえいえ、パチンコ・パチスロはギャンブルではありません。

ギャンブル等依存症
国会などで討論に使用される呼称は、「ギャンブル等依存症」です。

定義としては「ギャンブル等にのめり込むことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態」とされています。

何故「等」とされているかというと、日本ではパチンコ・パチスロは法的にギャンブルと見なされていないからです。

詳細は省きますが、パチンコ・パチスロは法的にギャンブルではないから換金行為ができる、という解釈です。

ですが、一般的な認知としては、パチンコ・パチスロはギャンブルと同義です。さらに日本では「パチンコ・パチスロ依存症」患者は、他の競馬や競輪などのギャンブル依存症患者より圧倒的に多いです。

そのような経緯があるため、国が扱う場合は「ギャンブル等依存症」という呼称を用います。

依存症の種類
依存症には3種類あります。「物質依存」「関係依存」「プロセス依存」です。

物質依存はタバコやアルコール、薬物などの依存です。他の依存症と異なり、自分が病気であると自覚しているケースが多いです。

主に口に入れるものの依存で、過食や摂食障害などもこちらにあたります。

関係依存は人間関係による依存です。恋愛依存症やセックス依存症などがこちらになります。

自覚症状があるかどうかはケースバイケースです。やめられない人間関係、といったくくりですね。

虐待・DV・宗教などもこちらに入ります。治すには、まず周りが気づいてあげることが重要となるでしょう。

プロセス依存はギャンブルやスマホ、買い物などの行為の依存です。パチンコ・パチスロなどもこちらに含まれます。

物質依存と異なり、自覚していないケースが多いです。
ある行為をする過程での刺激を求めて、大きくのめりこんでしまいます。

特にギャンブル依存症や買い物依存症は、借金をしてでもやめられない場合もあります。
家族や周囲の人間関係にまで被害が及ぶ可能性があるため、慎重に向き合う必要があるでしょう。

どの依存症も周囲の理解や協力が必要不可欠となります。